Lapidario Journal

<< Herkimer Diamond from New York !! | main | Tucson買付けの旅 〜渡航日〜 part1 >>
Turquoise ターコイズ トルコ石 トルコの石?
0
    こんばんは〜!
    今日は明日から始まるGo Green Marketの搬入に行ってまいりました!
    なんか季節外れの台風が通り過ぎ、週末の天気予報は微妙な感じで残念ですが、毎年たくさんの方に楽しんでもらえるイベントなので悪天候に負けず楽しい2日間を過ごしたいと思います。

    今日は天然石のお話第2弾、Sergioの大好きな石のひとつでもあるターコイズについて!
    ターコイズ(Turquoise)、日本ではトルコ石と呼ばれている石。もともとはトルコを経由してヨーロッパに伝わったことからそのように呼ばれているそうですが、トルコではターコイズは産出しないそうです。
    ペルシャと呼ばれた現在のイラン、アメリカ、チベットなどが有名な産地として知られていますね。
    アメリカでは各地に鉱山があり、特に南西部のネバダ州、アリゾナ州、ニューメキシコ州、コロラド州にあるたくさんの鉱山で採れます。採掘される鉱山ごとに色や特徴が異なり、枯渇して閉山してしまった鉱山を含めればアメリカだけでも40種類近くに分類されるそうです。

    きれいなブルーのもの、グリーン系のもの、黒い蜘蛛の巣状の模様(spider web)が入ったもの、茶色や白っぽい色が混ざったもの、パイライトが共生しているものなど、色や模様はとにかく様々で宝石として珍重されるものやマニア好みのもの、アンティークものなど、見つけるたびに新たな発見と歴史を感じる奥深い石「ターコイズ」。
    ターコイズの青い色は銅に由来し、グリーンは鉄分による影響だとか…またターコイズは水晶やメノウなどの石に比べて硬度が低く、多孔質で脆い石です。(モース硬度:6以下)
    現在流通しているターコイズのほとんどがスタビライズド(stabilized=固定させる。安定させる。)という意味の表面処理加工を施し、表面の光沢や強度、耐食性を補う処理をしている。また、ターコイズは偽物も多く出回っていて、ターコイズの粉末を樹脂で固めて作ったもの(練りターコイズなどと呼ばれて流通している)やハウライトを染色したもの(Dyed Howlite, ハウライトターコイズと呼ばれるもの)、プラスチックなど他の素材で作られたもの(imitation turquoise)などもターコイズとして流通している。


    下の写真はアメリカ、メキシコで採れる天然ターコイズと中国製の練りターコイズの一部



    お気に入りのターコイズに出会えたら是非大切にしてあげてください!
    それでは〜 
    buenas noches
     
    | 天然石のお話し | 23:54 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    PROFILE